iphone7sに採用される予定のディスプレイとは

subpage1

iphone7ユーザーにとって、アップグレードモデルと言われるiphone7sは、とても気になる存在でしょう。



中には、機種変更を行う為に発売を心待ちにしているという方もいるはずです。

しかし、どの程度アップグレードするのかといった点は、まだ不明瞭です。


そんな中、大きな注目を集めているのがiphone7sのディスプレイです。
iphone7sのディスプレイには、有機ELが採用されるという情報が出回っています。

ただ、有機ELになるメリットがわからないというiphone7ユーザーもいる事でしょう。
そこで有機ELディスプレイのメリットを挙げると、まずバッテリーが長持ちするようになります。
これは、有機ELにバッテリーの消耗を抑える効果があるからです。
それでいて、画質も向上し、発熱も減るとあって、有機ELはメリットが豊富と言えるでしょう。
こうしたメリットから、iphone7sはiphone7のアップグレードモデルとして、有機ELをディスプレイに採用するのも当然と考えられます。

そんなメリットが豊富な有機ELですが、唯一のデメリットとして価格が高いという点が挙げられます。

Yahoo!ニュース情報サイトをご利用下さい。

その為、iphone7よりもiphone7sの方が、製造コストがかかる分、販売価格も高くなるのではと言われています。



詳しい販売価格はまだ発表されていませんが、10万円以上の販売価格を予想しているメディアやアナリストも多いのが現状です。